Blog 工事日記【研ぎ出し (株)星組より】

「北の国から2019」 公園の滑り台

8月の初旬の話になりますが、北海道の実家㈱星組で、研ぎ出しの仕事がありました。道北の枝幸町歌登(えさしちょううたのぼり)という町で、滑り台を研ぎ出しで仕上げて欲しいというご依頼。歌登内の図書館に隣接した、普段から子供たちが集まって遊ぶ広場が施工場所でした。

星組、滑り台の研ぎ出し頂いたぞ!応援頼みたいが…と連絡を受けた時には、真っ先に自分が出張に行こうと考えました。(笑)
日頃から特殊左官工事の際にいつもお世話になっている青野さんにも相談したところ、「行く!!」と即答がっ!
青野さんに北海道出張に行って頂くことになったのでした。
結局僕は、静岡でお留守番です…。
(青野さん、この度もありがとうございました!)
施工には、以前星組から当社にも応援に来てくれていた細川さん、荒川さん、雄介(弟)、そして青野さんの4人のチームで挑んだそうです。

下記からは、出張から帰ってきた青野さんからの報告を元にしたものです。
心を込めて作業させて頂きました工事を少しだけ紹介させて下さい!

施工手順としては、
① 下地モルタル塗り 段取り
② 下地モルタル塗り
③ 仕上げ研ぎ出し材 塗り付け 段取り
④ 仕上げ研ぎ出し材 塗り付け
⑤ 研ぎ出し
という工程になります。

手順が多くある訳ではないのですが、写真でも確認出来るように滑り台の勾配がかなりきつく、すり鉢のような形状だったため、段取りの段階からかなり悩まされたようです。
特に施工レベルと施工が曲線になる部分の位置決めには神経を使ったようです。


写真は青く見えますが、上のブルーシートが反射しているのです。
白セメントの研ぎ出し仕上げです。

また、仕上げ塗り付けも一度では全ての施工を行うことは出来ないので、施工範囲を決めて進める方針にし、全2回に分けました。
1回目の仕上げ塗り付け → 1回目の研ぎ
2回目の仕上げ塗り付け → 2回目の研ぎ
という流れで仕上げて行きました。

これは、全ての仕上げ塗りをしてから研ぎにしてしまうと、硬化の具合に違いが出て、研いだ時の仕上がりに違いが出てしまうため、研ぐ際の条件を合わせるための対策です。

仕上がりも良いものになり、最後は皆で記念撮影!

楽しそうで羨ましい。(笑)

しかし今回の滑り台はまだ本当の意味では完成していません。
この滑り台は、遊んでくれる事で、研いだ表面が更に磨かれ綺麗になっていくんです。
左官屋が造り、町の皆さんが成長させ完成させる滑り台。
それが研ぎ出しの魅力の一つなのだと感じます。

今後もこのような面白くやりがいのある仕事が出来るように精進していきます。
次は、従業員のみんなに怒られても僕が出張にいきたいな…(笑)!!

———————————————————————————————————

株式会社 星組
北海道旭川市豊岡13条3丁目4-15
TEL 0166-31-0364
左官工事・タイル工事